「ヤカマシ」の塊を時空自在に吐く

HM/HR等周辺の小ネタを、適当にダラダラと一言雑感。
シャレや冗談が含まれてるんで、あまり本気にしないように。
だから、中身はスカスカ具合なんでご注意を。
■SUFFOCATION / OVERKILL / QUEENSRYCHE
▼No.01510 . . . 慣れとは恐ろしい
『PIERCED FROM WITHIN』('95)/SUFFOCATION
★正統派本家・元祖・老舗らしい余りひねりのないド基本なデスです。もはや何もかも刺激が薄れ、鍛え上げられたデス耳にとっては普通に聞こえる始末。デス創世記の時代と寝た人なら、その自分変化に驚く。

▼No.01511 . . . 顔年輪
『THE GRINDING WHEEL』('16)/OVERKILL
★18thまで全て覚えてるかと訊かれたら、不本意な顔満タンで「Noo!!!」としか言えん。ボビー&D.D.の荒ぶる二つの魂が、非情な不遇の大海原で挑戦し続けて来た結果ここまでに。が、年老いた風貌に時を感ずる。

▼No.01512 . . . 勇ましかったロゴ
『QUEENSRYCHE』('83)/QUEENSRYCHE
★J・テイトが『ウルト○マン』になる前のミニ。J.PRIEST風な楽曲は、ズバリと期待に答えたと。''Queens Of The Reich''の「アアアァァァーーー!!!」な金属性ヒステリックでハイトーンの頃は、まだまだ“チ”やったで。
| : : : A L L : : : | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
■ANAAL NATHRAKH / DOPE / MAMA'S BOYS
▼No.01507 . . . 略してアスラック
『THE WHOLE OF THE LAW』('16)/ANAAL NATHRAKH
★全然いやらしくありません…よねぇ? ちょっとばかりお下品な名だし、グラインドコアだと勝手に決めていたんで、あんまり興味を示さなかったわけだが、たまたま耳にしたところ、思っていたより“聴かせる”音楽だった。

▼No.01508 . . . 皿貰いました
『BLOOD MONEY PART 1』('16)/DOPE
★“ニュー・メタル”って響きを久々に聞いたが、奴らの話も7年ぶりの6th。メタル原理主義者から毛嫌いが芽生える姿と逆に、意外と順応するDNAの持ち主からの助言。「春のパン祭りシールあげるから友達に…」

▼No.01509 . . . 弦楽器対応能力
『COLLECTION』('00)/MAMA'S BOYS
★冒険し過ぎ。初期メタル耳時では、そこまで心開いてへん。ヴァイオリンをも駆使してる点で一味違ったイメージだが、優等生のメロディックHRであまり面白みがなかったよう。確か一人が白血病に患ったんだっけ。
| : : : A L L : : : | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
■WHITECHAPEL / BLOOD BOUND / KREATOR
▼No.01504 . . . 大人の子守唄
『A NEW ERA CORRUPTION』('10)/WHITECHAPEL
★やたら可愛らしいバンド名をしてるが、割とやる奴なんだッ!!! ちょっと名前だけ聞くと、クリスチャン・メタルかラブ・ホテルかっていうぐらいしか思いつかなかった奴らの2ndだが、聴けば激烈なデス・コアなサウンド。

▼No.01505 . . . 継続中
『WAR OF DRAGONS』('16)/BLOODBOUND
★希少価値のメロパワ系白黒仮面の登場から、はや七枚目に。“漆黒の闇を翔る紅蓮の鋼鉄龍”なる文句に、ダサさ加減が何時もながらの安定感に、「ちとスイッチ切り換えてよー」なんてお願い出来る訳もない。

▼No.01506 . . . スラッシャー
『GODS OF VIOLENCE』('16)/KREATOR
★『THRASHER』なるブランドを昔から目にしてたが、今でもたまに見る。たまに見るどころか、進撃が止まらないドイツのスラッシャー軍団の14th。ヘヴィでアグレッシヴでブルータル、「いいぞ、我ヴィーナス!」って事。
| : : : A L L : : : | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
■ANEKDOTEN / GRAVE DIGGER / BADLANDS
▼No.01501 . . . キンクリもどき
『WAKING THE DEAD,LIVE IN JAPAN 2005』('05)/ANEKDOTEN
★英語っぽい発音じゃないスマートの無さがグー♪ “ぬらりひょん”のような意味不明っぽさが萌えポイント。『ちんすこう』や『下呂饅頭』と同じく、一度は呟きたい香ばしい名前。略して、「ドテちん★」って呼んどった。

▼No.01502 . . . 陥り易い
『HEALED BY METAL』('16)/GRAVE DIGGER
★ジャーマンの古参パワー・メタラーってだけで想像が付くほどの数を放ってる17th。途中、迷走しての改名時期があったのは遠い昔。改名したといっても、一度“GRAVE”外しただけやった。バカとしか言えぬ行為。

▼No.01503 . . . 二枚で悲しい幕引き
『BADLANDS』('89)/BADLANDS
★某誌創刊号の表紙にも写ってたり、日本の血が入ってたり、アン"六本木心中"ル○スも大好きなJ・E・リーを中心に。70'sブルーズをエッセンスとした渋いHR。英国風に仕上げるも、アメリカンが抜けきらん代物。
| : : : A L L : : : | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
■ALOHA FROM HELL / FISHBONE / RAINBOW
▼No.01498 . . . 中身は言わずもがな
『NO MORE DAYS TO WASTE』('08)/ALOHA FROM HELL
★女子がロックしてるだけでは振り向かん。そこに希少価値が含まれてると、それなりにビビッと反応。“現役女子高生の美少女が〜”…もうこれだけでアンテナが立ってしまったが、そうでもなかった(好みの問題/笑) 

▼No.01499 . . . ずずずぃーと
『THE BEST OF』('97)/FISHBONE
★まぁ''Sunless Saturday''はよく聴いてたし、ベストなんで悪いはずもないのだ。一口も食さない肉食メタル系の門外漢なら、手っ取り早くベストから手を付けるのが筋。骨まで愛して、長〜く愛して。ぎょぎょぎょッ!

▼No.01500 . . . オイラはドラマー
『LIVE IN GERMANY '76』('90)/RAINBOW
★男臭い顔に濃い髭、C・パウエルの魅力。飽き性なのか堪え性がないのか、色んなバンドに出入りするというスティックを握った渡り鳥な生き方でしたが、どのバンドでも難無くこなす凄さ。オクトパシーな手数物語。
| : : : A L L : : : | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
■MUTINY WITHIN / AMORPHIS / WHITESNAKE
▼No.01495 . . . 希望
『MUTINY WITHIN』('10)/MUTINY WITHIN
★メロコア/メロデスをベースとしてるが、あくまでデス声は効果的に使って一線を引く。伸びやかでパワフルなVoに、高度なテクニカルGをアグレッシヴにプレイする6人組の1st。意味分からんが、ここに養子に入りたい。

▼No.01496 . . . 777
『ECLIPSE』('06)/AMORPHIS
★この時期になりますと卒業シーズンですなぁぁ〜、仰げば尊しです。いつか卒業するとか、止まない雨はないとか、明けない夜はないとかいう“途切れ”が来るもんだが、未だに極私的フィーバー街道爆走中である。

▼No.01497 . . . 禁句
『LIVE AT DONINGTON 1990』('11)/WHITESNAKE
★“ラヴ・ハンター”の異名を未だに持ち合わせているダンディズムさは、決してゴールド・フィンガー鷹ではない事だけを言っておかなければならぬ。チョイ悪オヤジなんて今更恥ずかしくて言えんので、これで一生封印。
| : : : A L L : : : | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
■MUMAKIL / MEKONG DELTA / SUPERJOINT
▼No.01492 . . . 引力って素敵
『BEHOLD THE FAILURE』('09)/MUMAKIL
★「『ギoートルズ』のマンモスの肉は美味そうだ」と子供心に思ってたモンだから、この2ndジャケを見て、ピンと第六感が働いたんだが、全30曲という収録曲に少しおののいた。絶対、苦手なグラインドコアに違いない!

▼No.01493 . . . ムズい
『MEKONG DELTA』('87)/MEKONG DELTA
★手にジャックナイフ、もとい知恵の輪ぐらいの混乱。難解な複合技のテクニカル・スラッシュを、更に分かりずらく取っ付き難さで面白みがなく拒否反応してた昔。修行僧の我慢強さもない人は、石の上にも三分。

▼No.01494 . . . 何股?
『CAUGHT UP IN THE GEARS OF APPLICATION』('16)/SUPERJOINT
★色んなのに手を出して、見分けようと努力しないのも事実。目が合っても、胸が苦しんでドキドキすることもないので、それはそれでしょうがない。いくつもの顔を見分ける術がないんで、短くなってもハハ〜ンである。
| : : : A L L : : : | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
■BATTLE BEAST / BON JOVI / HOOBASTANK
▼No.01489 . . . ブルってる
『BRINGER OF PAIN』('17)/BATTLE BEAST
★極悪同盟みたいなメイクが、何ともお似合いのパワフル姐さんが繰り出す正統派メタルの4th。日本でのライヴで魅了されてからの期待値も高く、それを裏切らん土足厳禁のメロディックな一面もある女獣具合。

▼No.01490 . . . マクド参加
『BON JOVI』('84)/BON JOVI
★誰もが''Runaway''を聴いただけで、「絶対売れる!」と確信。そんな「“ボン”って…金持ちなら、ボンボンのボンや」な1st。さすがに今聴くと、全体的に若さや粗さが感じられるが、それは成長段階の過程だったと。

▼No.01491 . . . 拝み倒し
『THE REASON』('03)/HOOBASTANK
★哀愁漂うメロディと適度のラウドな音が、奇をてらわんストレートなロックが好感の2nd。『サマソニ』で、「孫をよろしく」とお婆ちゃんが挨拶せんでも支持してくれるはず。更に上に行くには、決め手の独自性が欲しい。
| : : : A L L : : : | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
■CELLADOR / SWEDISH EROTICA / よもやま噺
▼No.01486 . . . ひと昔ぶり
『OFF THE GRID』('17)/CELLADOR
★誰の目にも明白なDRAGONFORCE系スピード教への出家者をコチラへと導く、B級メロスピ加速王の物凄い久し振りの2nd。前作の手荒い出来にも、好意的に聴けたモンとしては期待せずにいられんわー!

▼No.01487 . . . エロチカの鏡
『SWEDISH EROTICA』('89)/SWEDISH EROTICA
★スウェーデンといえば、“フリー・セoクス”の国だなんて、昔の日本人はそんなネタ的幻想を少しは抱いていた。そんな国から、こんなバンド名で出て来たモンだから、自然と頭に残った。懐かし北欧のスリージーR&R。

▼No.01488 . . . “残る”という意味
『FOR WE ARE MANY』('10)/ALL THAT REMAINS , 『THE SERPENT』('07)/STILL REMAINS , 『ICONS OF EVIL』('07)/VITAL REMAINS
★メタルコア/デスな音源で、名前まで多少被られると、シャッフルされたら直ぐに理解出来ず、お手上げ覚悟。震災に遭遇した人、突然解散した人、当然国内盤が出ない人と、三者三様。残りモノに福はなし?
| : : : A L L : : : | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
■VANDENBERG / ANNIHILATOR / METALLICA
▼No.01483 . . . 奥目のドリアン
『HEADING FOR A STORM』('83)/VANDENBERG
★「このジャケは本人が描いたの?」と問われれば、『ホームア○−ン』のM・カルキンばりの「イエス!!!」と答える。2ndのサメの後は、ワニの3rd。その後にはヘビへと鞍替えする、目元がシュワちゃんに似てきた郎。

▼No.01484 . . . 独り善がり
『TRIPLE THREAT』('16)/ANNIHILATOR
★ソリッドなGリフを刻み込む唯我独尊なあり方を長年続ければ、TVでよく見る初来日時のBEATLESぐらい歓迎する用意はある。聴けば誰もが、隅から隅までアナラー検索したくなる。結構、生命力半端ねぇー。

▼No.01485 . . . 仏の顔も10度まで
『LIVE SHIT ! : BINGE & PURGE』('93)/METALLICA
★口から、ちりめんじゃこ出そうになったわ。「『MASTER OF PUPPETS 2』は作らぬ」との発言は、聞かなかった事にしてやる。真ん中で目ぇを充血させ、身を削って血を流して描かれてるScary Guyも、そう思ってる。
| : : : A L L : : : | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
アクセスカウンター
+ PR
このページの先頭へ